本文へスキップ

上関水産は創業100年。上関名物「鳩子てんぷら」の製造元です。

電話でのお問い合わせは0820-62-0031

メールでのお問い合わせはこちら

上関水産は創業100年。


 
「鳩子てんぷら」は、上関近海で獲れた新鮮な地魚を原材料に、秘伝の味付けをした伝統の味です。
 そのまま召し上がっていただいても美味しいですが、お醤油、わさび醤油、マヨネーズなどを付けて食べても、なかなかイケます。
 お料理の食材としても、うどん、野菜炒め、ひじき炒め、ピラフなど、アイデア次第でいろんな料理に使うことができますよ。
 伝統のおいしさを今に伝える「鳩子てんぷら」を、ぜひご賞味ください。

新着情報


◆2014年4月1日より、消費税率変更に伴い、販売価格を改定いたしました。

おすすめ商品

ひじき入り

鳩子てんぷら(ひじき入り)



 鳩子てんぷら(ひじき入り)には上関町祝島産のひじきが入っています。 祝島産のひじきはやわらかくて美味しいと大人気です。
※「祝島産ひじき」も販売しています。
→ご注文はこちら

おふくろスティック

おふくろスティック



 スティック状のてんぷら「おふくろスティック」。マヨネーズを付けて食べるとビールのおつまみに最適です。
 名付け親は上関町との縁の深い俳優の原田大二郎さんです。
→ご注文はこちら


「鳩子てんぷら」について

鳩子の海

「鳩子てんぷら」の由来



 「鳩子てんぷら」の名前は、昭和49年に放送された上関を舞台にしたNHKの朝の連続テレビ小説『鳩子の海』に由来します。当時、鳩子役で人気の子役・斎藤こず恵ちゃんは、上関でのロケの前に、当店のアツアツの「てんぷら」をよく食べていました。

新鮮な地魚

「鳩子てんぷら」の材料は地元の新鮮な魚です




 「鳩子てんぷら」の材料は、上関の近海で獲れた新鮮な地魚です。
 エソ、カレイ、カナガシラ、ハゼ、グチなどを使います。






RSS表示パーツ

ショップ情報

上関水産

〒742-1402
山口県熊毛郡上関町大字長島471
TEL.0820-62-0031
FAX.0820-62-0031
info@hatokoten.com
→店舗案内


kaminoseki.htmlへのリンク